ABOUT US


"東京和茶房"誕生のきっかけ

地方の農業経営の厳しさが問題になっていますが、

お茶農家さんも決して例外ではありません。

担い手不足や高齢化はとても深刻な問題で、

特に日本一の生産を誇る静岡のお茶農家さんは、

ここ数年で半減してしまうのではないかと言われるほどです。

 

海外では日本茶人気でブームになっているのに、

残念ながら日本での茶葉の消費は年々減っています。

お茶はペットボトルで飲めばいい、

わざわざ淹れるのは面倒だ、思う人も多いかもしれません。

でも、『お茶ってこんなに美味しいものだったのか!』と

知ってもらえるきっかけがあれば、

今までコーヒーばかりだった人も、

時には日本茶を味わってくれるかもしれない。

日本茶に親しむ人が増えれば、

地方のお茶農家さんも元気になるかもしれない。

 

そうだ!本格的な味わいの日本茶をカジュアルな

スタイルで味わえる、日本茶入門のようなブランドをつくろう。

こうして、目黒区駒場で小さなお茶工房

『東京和茶房』がスタートしました。

 

煎茶やほうじ茶だけが日本のお茶ではありません。

国産の紅茶やウーロン茶はもちろん、玄米茶やソバ茶、

ドライフルーツや新鮮な果物とお茶を組み合わせた

フルーツティーもまた、日本のお茶です。

爽やかにリフレッシュしたり、ゆったり疲れをほぐしたり。

朝のお目覚めからお休み前まで、1日のいろいろなシーンで

愉しむお茶をお届けします。